青梅・羽村・あきる野 放課後等デイサービス オルオルハウス

6月21日臨床美術に基づく立体アート教室レポ♪

一昨日行った臨床美術士・造形家の守屋先生による立体アート教室「五感イキイキアート」の模様をお伝えします。

今回のテーマは、「ジャンボピーマンをつくる」でした。

臨床美術に基づくプログラムで、実際に色とりどりのピーマンを見て、触って、自然のもつ野菜の形をとらえ表現していくという狙いがあります。

また材料には、独特の質感を持つ木粉の粘土を使い、お子さん達がその感触を楽しんでいました。

では各お子さんのワークの様子を画像を中心にご紹介します(^^)/

まずはグループ①のお子さん達です。

1

2

3

4

5

続いて、グループ②のお子さん達です。

6

7

8

9

10

12

13

14

15

16

17

実際にピーマンを見て、触って、自然の持つ曲線を上手に表現出来ているお子さんが多かったです。木粉の粘土で形を整え、仕上げにとても柔らかい風合いを持つ和紙を貼って、色とりどりのピーマンを完成させました。

それでは完成作品の一部をご紹介します(^^)/

18

19

20

とてもキレイですよね!!思わず食べてしまいたくなりました(笑)

次回の臨床美術に基づく立体アート教室「五感イキイキアート」は6月28日(火)で、講師は臨床美術士・パステルシャインアートセラピストの佐藤先生です。

次回もとても楽しみです(^^♪

オルオルハウスかすみ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です